Return to site

夏の京もの雑貨市 

@代官山 T-SITE GARDEN GALLERY

· 京東都,袋う,京都烏丸六七堂,青衣 あをごろも

京都のプロダクトメーカー「京東都」「青衣 あをごろも」「袋う」「京都烏丸六七堂」を集めたPOP UP SHOP。夏に映えるワンピースなどのアパレル商品や、京都ならではのデザインが施された鞄、四季をモチーフにした和文具など、近づく夏をかすかに思わせる、期間限定の雑貨市です。

主催:代官山T-SITE

共催・協力:(順不同)株式会社ドゥオモ/ウイルビー株式会社/加藤良株式会社/上村紙株式会社/有限会社スリーミン

刺繍ジャパネスク/京東都
京東都10周年記念商品ができました。ニッポンを代表する天才絵師たちが残した絵画を、様々な刺繍の手法を使いながらオマージュ。ブランド誕生10年で生まれた特別なアイテム「刺繍ジャパネスク」。ニッポンの名作絵画が「がま口クラッチバッグ」となって甦りました。東洲斎写楽『江戸兵衛』、俵屋宗達『風神雷神図屏風』、葛飾北斎『富嶽三十六景』、伊藤若冲『象と鯨図屏風』など。

京東都(キョウトウト)
「京東都」は、ニッポンの伝統 =「京都」と、ニッポンの今=「東京」を掛け合わせたブランド名。新しい文化継承のかたち、刺繍の可能性を考える「京都発、東京経由〜世界行き。」をコンセプトに、日本に伝わる美しいかたちをモチーフにした「和片(ワッペン)」など、遊び心あふれる刺繍アイテムを製作している。
http://www.kyototo.jp/

ニッポンのテキスタイル/青衣 あをごろも
京都からきました「青衣 あをごろも」です。日本で、京都で、私たちが何気なく見ている風景を集め「こんな柄があったら楽しいな」をカタチにしています。絵柄のモチーフは、日本人なら誰でも親しみを感じるもの、思わず微笑んでしまうようなものばかり。楽しみながら選んでいただけるユーモラスな絵柄と、明るく軽やかでカラフルな配色は、年齢を問わずどなたでも楽しんでいただけるアイテムです。ニッポンのテキスタイル「青衣 あをごろも」をどうぞお楽しみください。

青衣 あをごろも
ちょっと懐かしくて、ちょっと新しいニッポンの風景たち。コンセプトは〝新しいニッポンのテキスタイル〟テキスタイルの絵柄は、富士山、錦鯉、暖簾に燕、とんびに油揚げ、鴨といった日本らしいモチーフ。京都という土地柄を大切に、従来のイメージを心地よく裏切る、ポップでカラフルな新しいテキスタイルを目指している。17年8月京都・東山三条に京都店がオープン。
http://www.aogoromo.jp/

しっかりくったりかばん/袋う
しっかりした布と、くったりした布を組み合わせて、個性的なかたちの「かばん」ができました。たくさん荷物を入れたとき、少しだけ入れたとき、重たいものを入れたとき、軽いものを入れたとき、それぞれの場面でそれぞれのフォルムを見せてくれる「かばん」たち。2つの生地が重なり合う部分はすべて内ポケットの構造になっており、シンプルな見た目にも関わらず、使いやすいさといった機能性も考慮しました。いつでも、どこでも持っていきたくなるデイリーユースで使いたい「かばん」たち『しっかりくったりかばん』です。

袋う(フクロウ)
布と布とをつなぎ126年。明治25年より和装用品の縫製工房として、技術の継承を続けてきた加藤良(株)が立ち上げた「袋モノ」を中心アイテムとしたブランド『袋う(ふくろう)』。日本人が古くから親しんできた「巾着」や「がま口」から、現代の生活スタイルにあわせた「バッグ」や「ポーチ」類まで、機能性を踏まえながらも、日常生活に豊かさ加える「袋モノ」の数々。『日本+ 伝統+ 技術』が併せ持つイメージを継承し、縫製技術を最大限に生かした商品を提案します。〝縫う〟の未来を考えるブランド『袋う』です。
http://www.fukurokyoto.jp/

にっぽんの和紙文具/京都烏丸六七堂
ニッポンの四季や風習、生き物たちなどをモチーフに、日本各地の和紙を使い、和紙の貼り絵の手法で表現する、京都生まれの和文具ブランド「京都烏丸六七堂(きょうと からすま ろくひちどう)」。日本人が古くから親しみ、先人たちの創意と技を伝承する「和紙」に、現代的な感覚の図案を施した新しい文具です。贈って贈られて感じるニッポン。手の中から広がるニッポンの春夏秋冬。色鮮やかな和紙に彩られたアイテムは、日常生活に豊かさを加えます。紙の風合い、紙の色彩、紙の形が織りなす品々、楽しみながら使ってほしい和紙のアイテムです。ぜひこの機会にお手に取ってご覧ください。

京都烏丸六七堂(キョウト カラスマ ロクヒチドウ)
明治45年より古都、京都で創業した上村紙株式会社が、長年培った経験と技術をベースに、紙の未来のカタチを提案します。メインアイテムは、ニッポン独自の紙「和紙」の文具たち。紙を愛し、紙で楽しみ、紙の未来を考えるブランド。人と人とをつなぐ「紙」、思いを伝え続ける「紙」だからこそ、できるモノとカタチ。和紙の貼り絵でつくる新しいニッポンの文具たちです。
http://www.rokuhichido.jp/

T-SITE GARDEN GALLERY
「夏の京もの雑貨市」
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
7月10日(火)~16日(月・祝) 11時~18時
17日(水) 11時~17時まで。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly