Return to site

東京都美術館 ムンク展 
刺しゅうのキーホルダーとワッペンができました。

· 京東都

東京都美術館でスタートしたムンク展。

世界中の誰もが知るムンクの代表作「叫び」。

現存するいくつかのバージョンのうち、

今回はオスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》(1910年?)が初来日。

京東都では展示会オリジナルのキーホルダーと和片(ワッペン)を作らせていただきました。
会場限定販売です。
https://munch2018.jp/

京東都 ムンク

こちらは

展示会オリジナルの刺しゅうキーホルダーです。

そして、

テンペラ・油彩画の《叫び》が、

そのままワッペンになりました。

展示会オリジナルの和片(ワッペン)です。

東京都美術館

https://www.tobikan.jp/

ムンク展―共鳴する魂の叫び
Munch: A Retrospective

2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)まで。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly