Return to site

青衣 あをごろも 2018SS

· 青衣 あをごろも

青衣 あをごろも 2018SSの新作販売はじまりました。

衿付き半袖ワンピース 白さぎ
丸衿付きAラインの半袖ワンピース。ボタンで衿元のスタイルが調整できます。左側にポケット付き。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:身丈100cm、胸囲98cm、肩丈37.5cm、袖口32cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan

[白さぎ]
鴨川沿いを歩いていると、真っ白で大きな鳥が川の中でじっと立っているのを見かけます。鴨など比較的小型の鳥が生息する中、長いくちばし、長い首、長い足を持つその真っ白な姿は、思わず立ち止まって見てしまうほど。日本でいう「白鷺」は主にダイサギ、チュウサギ、コサギのことを指します(大・中・小です)。これら全て白い姿に変わりないので、ぱっと見では種類の識別が難しいのですが、大きさ以外に、くちばしや足の先の色などで見分けることができます。また、繁殖期の前になるとオスとメス共に、頭や背にレースのようにふわふわとした飾り羽が生えてきます。この華やかな飾り羽で、相手の気持ちを惹き付けるそうです。ちなみに鷺と言えば、京都・八坂神社で行われる「鷺舞」。七夕伝説が元になっている「鷺舞」の「サギ」ですが、実は物語の中で織姫と彦星のために天の川に橋を渡したカササギがモチーフとなっています。鷺舞が始まった当時、京都には飛来しない鳥だったため、地元の人たちはカササギという存在を知らず、〝カササギ〟も〝鷺〟の一種だろうと考えられ、本来黒色のカササギを白鷺に見立てたそうです。
価格:¥17,280(税込)

衿付き半袖ワンピース 九条ねぎ
丸衿付きAラインの半袖ワンピース。ボタンで衿元のスタイルが調整できます。左側にポケット付き。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:身丈100cm、胸囲98cm、肩丈37.5cm、袖口32cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan

[九条ねぎ]
柔らかく、甘みのある青葱で、京野菜のひとつ。葉の内側には他の葱にはないぬめりがあるのが特徴です。このぬめりの中に良い香り、良い甘さが凝縮されています。煮て、焼いて、薬味として、どれも大変美味。栽培のはじまりは、今から1300年ほど前の711年、伏見稲荷大社の建立時までさかのぼります。京都は北から南にゆるやかに傾斜している地形のため、野菜作りに良い土壌が南部に集まっています。南部の九条付近で栽培された質の良いネギが九条ねぎです。近年技術が発達して栽培期間は短いようですが、本来は、秋に種蒔き、春に植え替え、夏に一旦掘り出し1ヶ月間天日で乾燥させ、また植え付けて、そして種蒔きから1年以上経った晩秋にようやく収穫できる、というとても手間のかかる栽培方法だそうです。1987年京都府が「京の伝統野菜」に認定。
価格:¥17,280(税込)

衿付き半袖ワンピース 目白押し
丸衿付きAラインの半袖ワンピース。ボタンで衿元のスタイルが調整できます。左側にポケット付き。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:身丈100cm、胸囲98cm、肩丈37.5cm、袖口32cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan

[目白押し]
目のまわりが白いから「メジロ」。雑食ですが花の蜜が大好きで、京都でも市街地の公園や住宅の庭、社寺林などに蜜を求めて姿をあらわします。体の大きさはスズメよりも小さく、日本にいる野鳥の中でも特に小さい部類になる小鳥。鮮やかな黄緑色の体をもち、花が咲いている木に留まる様子はとても絵になり、毎年「春がきたな~」と思わせてくれます。群れをつくって押し合うように木に留まる習性から、たくさんの人や物が一箇所に集まっている様子を指す言葉「目白押し」が生まれました。また京都の二条城には、人が歩くとキュルキュルと鳴る「ウグイス張り」と呼ばれる廊下がありますが、本来キュルキュルと鳴くのはウグイスではなくメジロ。また花札の「梅にウグイス」ですが、これもたぶん「梅にメジロ」(ウグイスの餌は虫で、梅にはほとんど止まらない)。そして黄緑の「ウグイス色」は、実はメジロの体色。これは昔からウグイスとメジロが混同されているのが原因なようです。なので「ウグイス張り」ではなく「メジロ張り」、「梅にウグイス」ではなく「梅にメジロ」、「ウグイス色」ではなく「メジロ色」、パン屋さんの「ウグイスパン」は「メジロパン」というのがそれぞれの正しい(?)使い方となります。
価格:¥17,280(税込)

袖なしブラウス 鹿ヶ谷かぼちゃ
タックの入った袖なしブラウス。 裾広がりのフォルムは、ふわっと着るととても涼しげです。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:着丈62cm、胸囲110cm、袖口48cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan


[鹿ヶ谷かぼちゃ]
ひょうたんのように真ん中にくびれのある縦長のかぼちゃで、京野菜のひとつ。大きさは2~4キロ程でかなり大きく、表面には縦筋とコブがびっしり入っています。甘さはあまりなく淡白ですが、出汁をしっかり吸い、煮崩れしにくいため煮物にして食べるのが主流です。江戸時代、旅先の津軽から持ち帰られた菊型のかぼちゃを、鹿ヶ谷村(現・左京区鹿ヶ谷)の農家が栽培していたところ、突然変異でこのヘンテコな形になったと言われています。現在では一般市場にあまり出回らない高級かぼちゃです。また、毎年7月25日には京都鹿ヶ谷・安楽寺で鹿ヶ谷かぼちゃを使った「かぼちゃ供養」が行われます。今から約300年程前、当時の住職が本尊薬師如来に「夏の土用に、かぼちゃを振る舞えば中風(脳卒中)にならない」というお告げを受け、人々にかぼちゃを炊いて振る舞ったのがはじまりだそうです。現在もかぼちゃを奉納し、煮炊きしたかぼちゃを食べて中風除けや、諸病退散を願います。1987年京都府が「京の伝統野菜」に認定。
価格:¥12,960(税込)

長袖ブラウス たまごサンド
衿なしの長袖ブラウスです。 肩が落ちているので、ゆったり着れます。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:着丈61cm、肩幅54cm、バスト114cm、袖丈38cm、袖口24cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan

 

[たまごサンド]
ふわふわのパンに、ふわふわの厚焼き卵を挟んだサンドイッチ。その見た目とボリュームさに、ついお腹の虫がうずいてしまいます。一般的に「たまごサンド」と聞くと、茹でたまごを潰してマヨネーズで和えた卵サラダを挟んだものをイメージしますが、関西ではふわふわの厚焼き卵を挟んだものが存在します。貿易港であった神戸を中心に、関西で独自の喫茶店文化が生まれたそうです。そこで提供されていたのが厚焼き卵のたまごサンド。普段食べている食パンの厚さをみると、関東では7分切りが多いのに対し、関西では5分切りを好む人が多く、このような文化ゆえに、ボリューム満点のたまごサンドが愛されているのかもしれません。特に京都は、パンの消費量日本一ということもあり、パン文化が栄え、たまごサンドの名店も数多くあります。近年では、たまごサンドを求めて喫茶店、パン屋を巡る方が増えちょっとしたブームにもなっています。
価格:¥16,200(税込)

青衣 あをごろも 京都店

http://www.aogoromo.jp/CONTENTS/shop.html

青衣 あをごろも[WEB STORE]

https://aogoromo.stores.jp/

にて発売中です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly