· 青衣 あをごろも

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

ということで、

京都店にもお正月飾りです。

掛蓬萊(かけほうらい)と呼ばれる

平安時代から伝わる京都の正月飾りで、

蓬萊山に登る龍をを表わす縁起物のお飾りです。

日陰葛(ヒカゲノカズラ)と大麻(オオヌサ)を組み合わせて飾り窓につけました。

日陰葛は、茎を切ったあとも長期間鮮やかな緑色を保つことから、

古来より髪飾りや神事を司る人の襷(たすき)に使われています。

また長寿を祈るため掛蓬萊の長さが、長ければ長いほど上品とされるようです。

で、日陰葛の先っちょに見えるのは、

青衣 京都店はじめての「福袋」でございます。

若干数ですが、まだ店頭在庫(1万円/5千円/3千円)がございますので、

この機会にぜひお買い求めくださいませ。

1月8日(月・祝)までの販売です。

年明けの朝、2階の飾り窓から斜めに日が差し込み、

なんとな〜く清らかで美しい感じの店内。

澱みのない凛とした空気感が漂い、

わたくし、本当に清々しい気持ちになってしまいました。

ということで、

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

青衣/高橋

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly